車の買取と下取りについて 車売却で知って得する情報

中古車を買い替えるベストなタイミングは?少しでも高く売る方法

中古車を買い替えるベストなタイミングは?少しでも高く売る方法

車を買い替えるタイミングを考えた時に、いつ売却した方がいいのかわからない方も多いでしょう。

また車を買い替えるタイミングは、車の状態やいつ売りたいのか左右されるためこの時期が売るのに適しているとはなかなか言えません。
そのため何年ぐらいで車を乗り換えるのがいいのか、迷う人も多いと思います。

なお車の乗り換える時期は、多くの方が7年前後と思っているようです。

しかしこの時期ではなくてもメリットはあります。
いつ車を乗り換えるのがいいのかは、人によって変わるので年数や走行距離ごとの特徴を知ることで自分に一番いい方法が見つかるでしょう。

中古車の走行距離から乗り換え時期を考えよう

中古車の走行距離から乗り換え時期を考えよう

車の買い替えを考えた時に、一番目安になりやすいのが走行距離です。

車の買取価格で大きな影響があるのが「3万」「5万」「10万」といった走行距離といわれています。
ではそれぞれの走行距離からどの時期がいいのか、距離別に特長を解説していきます。 

3万キロで乗り換えを考えると?

吹き出し用
サテイ君
車を3万キロまで乗った場合はどうなるかな?

車の走行距離で価格が下がる最初のポイントが3万キロです。
3万キロ未満の車は走行距離による減額はほとんどないため、買取価格も高額なることが期待できます。

ただし3万キロで乗り換えると「そんなに乗らずに手放した」という印象もあるので、もったいないと思う人も多いでしょう。 

そのため車が好きでいろいろな車種に乗りたい方にメリットがあるといえます。 

5万キロで乗り換えを考えると?

吹き出し用
サテイ君
5万キロはひとつの節目だね!

走行距離での車の寿命は、10万~15万キロといわれています。
そのため5万キロは丁度折り返し地点です。

また5万キロまで乗っているとエンジンオイルやブレーキオイルなど、交換しなければいけない消耗品が多く出てきます。
なので交換する費用やメンテナンスの費用を考慮しても、乗り換えを考える時期としてはちょうどいい時期だといえるでしょう。 

注意する点は、車の価格は5万キロを基準に大きく下がることです。
たとえば4.8万キロや5万キロのような少しの違いでも、数万円単位の価格差が出ることもあります。

そして部品の交換費用や値段の変動などを考えると、車は5万キロを超える前のタイミングで買い替えるのが一番コストパフォーマンスがいいといえるでしょう。 

10万キロで乗り換えを考えると?

吹き出し用
サテイ君
10万キロまで乗るケースはあまりないね!

近年の自動車メーカーは技術も進歩しているので、10万キロを超えた車でもメンテナンスを定期的にしていれば走ることは問題ありません。

しかしいくらまだ走れる車といっても、10万キロを超えた車はほとんど値段がつかないことがほとんどです。

そのため10万キロまで乗る場合は、そのまま乗り潰してしまう方がいい場合もあるでしょう。 

中古車の年数から乗り換え時期を考える

中古車の年数から乗り換え時期を考える

車の年式も買い替えを検討する時にわかりやすい基準となります。

車はたとえどんな乗り方をしても、車検を一定周期で受ける必要があるでしょう。
その際にまとまった費用が必要となるので、車検を目安に買い替えを検討する人も多いようです。

またメーカー保証が切れるなど、年数によって修理費が増えてくることもきっかけとして考えられます。 
ではそれぞれの年式についてポイントを解説していきましょう。 

年式が3年目を迎える前の場合は?

吹き出し用
サテイ君
年式が3年目の場合が最初の車検を受ける時期だね!

新車を買って3年目は、初めて車検を受ける時期です。
この時期に車の買い替えをするメリットは、車検費用がかからないこと、3年以内の新しい車に乗り続ければメーカー保証を受け続けられることです。 

ただし新車購入を繰り返す場合は費用が膨らんできます。

短い期間で車を買い替えることメリットは、再販する時の価値が高い車ぐらいと思っておきましょう。

また3年で買い替える場合は、まだ車のローンが残っている方も多いと思います。
この場合は買い替える車のローンに上乗せする方法もありますが、ローンが積み重なるのでできれば避けた方がいいでしょう。 

年式が5年目を迎える前の場合は?

吹き出し用
サテイ君
年式が5年の車はよく乗り換えを考える時期だね!

年式が5年目の車は、ちょうど新車のメーカー保証が切れる時期で多くの人が乗り換えを考えます。 
また3年目から5年目までの年式の車は価格の変動も緩やかになりますが、モデルチェンジなどがあると価格は大きく変動します

もし5年目を迎えるまでに車を売ろうと考えているなら、モデルチェンジの時期に注目して高く売れる時期を逃さないようにしましょう。 

年式が7年目を迎える前の場合は?

吹き出し用
サテイ君
年式が7年目の車は買い替えを考えるラストチャンスだね!

この年式の車になると、そのまま乗り潰すのか買い替えるのかを考えるラストチャンスとなります。
なぜなら7年目というのは、車に価値がつくギリギリ年数だから。 

一般的にメーカー保証は5年までとなりますが、保証を延長できるサービスがあるメーカーもあります。

乗り続ける場合は保証期間を延長する方法もありますが、どちらにしてもメンテナンス費用が増えてきます。 
そのため保証の延長、メンテナンス費用と買い替え費用を比較して、どちらがお得に車を乗り換えれるのかを検討しましょう。 

年式が10年目を迎える前の場合は?

吹き出し用
サテイ君
年式が10年目の車はほとんど価値がなくなるよ!

年式が10年目を過ぎてくると車の価値はほとんど期待できません。
そのため車が乗り換えられるかどうかは、車の状態次第となります。

もし不具合や部品交換などが少なく、乗り続ける方がいいと感じるなら乗り続けてもいいでしょう。

しかし車の乗り換えると、一定の期間で修理をする必要がなくなり乗り心地もよくなるのでよく考えて選ぶのがオススメです。 

年式が13年目を迎える前の場合は?

吹き出し用
サテイ君
年式が13年目の車はあまり乗っている人はいないかな?

年式が13年目以降の車は、メンテナンス費用や税金などの維持費がかさんできます
そのため買い替えの費用と比較して検討していくことになるでしょう。 

また平成27年の法改正で、13年を超える年式の車は自動車税が通常より約15%増税となりました。
1,500cc~2,000ccの車は、年間39,500円の税金が45,400円となります。

買取相場から中古車の買い替え時期を考えよう

買取相場から中古車の買い替え時期を考えよう

ここまで車の買い替えを検討した時に、車の状態で判断する基準を解説しました。
そして車の状態の他に、買取額は車を買い替える時に重要なポイントとなってきます。

そのためここからは買取額を引き上げる重要性や、どのように買取額を引き上げるのか、そのポイントについて紹介していきましょう。 

買取価格が高額になれば最大の値引き効果となる

吹き出し用
サテイ君
買取価格を少しでも高くなるように努力しよう!

車の買い替えは、買取価格をどれだけ引き上げるかが重要なポイントとなってきます。
そのため少しでも高く買い取ってもらえれば、同じ車を買う場合も負担額を減らすことが可能です。 

そして車の買取額を少しでも引き上げるには、複数の買取店で見積もりを出してもらって交渉する必要もあります。

車を買い替える場合は下取りよりも「買取」がオススメ

吹き出し用
サテイ君
下取りより買取で売却した方が高く売れるよ!

車を「下取り」するのか「買取」するのか選ぶ時に、価格で考えれば買取を選ぶほうがより高く売れやすいでしょう。 

買取がメインの買取店は中古車の流通を主な事業としているため、高値で買い取っても利益を出せるルートがあります。
しかし下取りをするディーラーは新車を売る方がメインなので、中古車の流通自体に弱く高値で買い取ることが難しい状況です。 

もちろん下取りは、車の売却と新車購入を同時にできるメリットがあります。
そのためそれぞれの利点を理解して、自分の要望にあった方法を選ぶようにしましょう。 

中古車の買い替えを考えた時の流れを5ステップで紹介

中古車の買い替えを考えた時の流れを5ステップで紹介

ここまでの解説である程度、いつ車を乗り換えればいいのかは目途が経ったでしょう。
しかし車の買い替えを考えた時に、どのような手順で進めればいいのかわからなければスムーズに手続きを進めることはできません。

車を買い替える時には、名義の変更からさまざま手続きまであります。
必要な書類も多いため何をしたらいいのかわからず、面倒に感じてしまうこともあるでしょう。

しかし必要な手順や手続きを知っておかなければ、後で大変な思いをしたり知らずに損をしてしまうこともあります。
そこで実際に車を乗り換えようと思った時の手順も紹介しておきましょう。

【ステップ1】 車が売却できる状態か確認する

吹き出し用
サテイ君
まずは車の状態を確認しよう!

車の乗り換えを考えた時は、まず「車が売却できる状態か」確認しましょう。
どこをチェックしたらいいのかは、以下を確認してください。

  • 自動車税は滞納していないか
  • 自動車税納税証明書は持っているか
  • 自動車ローンは残っていないか

もし自動車税を滞納してみたり、自動車税納税証明書がない場合は、自治体の税事務所に連絡しましょう。
すると納税や証明書再発行に必要な手続きを教えてくれるでしょう。

自動車ローンが残っている場合でも車を売ることはできます。
ただし所有権の解除など特別な手続きが必要なことがあるので注意が必要です。

【ステップ 2】車の相場価値を調べよう

吹き出し用
サテイ君
車の相場価格を調べておこう!

車が売却できる状態だと確認できたら、次に車の査定相場を確認しましょう
今の車を手放したらいくらで売れるのかわかれば、乗り換える車の予算が決めやすくなります。

また乗り換え相談をしたお店から提案された下取り価格や買取価格が、本当に相場価格と合っているのかを確認することができるでしょう。

【ステップ 3】 購入する車の候補を考える

吹き出し用
サテイ君
売却する時の相場価格がわかったら乗り換える車の候補を考えよう!

今乗っている車の相場価格がわかったら、乗り換える車の候補を決めましょう。

「どの車種にすればいいのかわからない」場合は、目的や用途から考えていくのがオススメです。

  • 車はどんな用途で使用する予定なのか(通勤通学orレジャーor日常の買い物)
  • 車には何人乗せる予定か
  • 荷物はどれくらい載せたいか
  • 車を停める駐車場はどのくらいか
  • 購入する時の予算はどれくらいか
  • 車を選ぶ時のこだわりは?
  • 車に求める機能や条件は?

これらを考えた上で車を選んで見積もりをもらい、相談しながら決めていくのがいいでしょう。

【ステップ 4】買取店を決定する

吹き出し用
サテイ君
買取店を探そう!

乗り換える車が決まったら、お店を選びましょう。
新車で購入することを検討しているのであれば、本命のメーカーへいく前にライバルのディーラーに立ち寄るのがオススメです。

ライバル車の説明を聞けば比較ポイントもわかりますし、値引き交渉もしやすくなります。
もし中古車を購入しようと思っているのであれば、取り扱いメーカーが幅広くて取扱台数が多いお店がいいでしょう。

中古車の場合は、「車種」「グレード」「年式」「走行距離」などの条件が一台ずつ変わってくるので、取り扱い台数が少ないと希望条件を満たす車が見つかりにくくなってしまいます。

「下取り」と「買取価格」と比較

車の買い替えを相談すると、合わせて下取りを提案されることが多くあります。
その際は下取り価格をすぐに受け入れないで、まず「下取りあり」「下取りなし」の見積もりを作ってもらいましょう。

車を買い替える時に新しい車の値引き交渉は一生懸命なのに、売る車の下取り価格には無頓着という方がたくさんいます。

また値引き額が大きいと、下取り価格が安かったとしても「値引きをたくさんしてくれた」ように思えます。

しかしこれは安い下取りをすることで販売店が得た利益を、「値引き額」に当てていることもあるのです。
下取り価格と買取価格を合算してしまうと、高いか安いのかわからなくなってしまいます。

相場より安く車を手放さないためにも、まず買取店の査定も受けるようにしましょう。
それからより高く買取ってくれるところに売却することがオススメです。

【ステップ 5】 必要書類を準備して売却の手続き

吹き出し用
サテイ君
車を売却する準備を進めていこう!

車を買い替えるお店などを決めたタイミングで、必要書類を準備しましょう。
車の乗り換えで必要な書類は、以下の通りとなります。

普通自動車の場合

【用意する書類】

  • 自動車検査証(現住所、氏名をご確認ください) ※
  • 印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2通) ※
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書(有効期限をご確認ください)
  • 実印
  • 振込口座情報
  • リサイクル券(預託済みの場合)

【自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合に必要】

  • 住所変更が一度あった場合:住民票
  • 住所変更を複数回経た場合:戸籍の附票または住民票の除票
  • 結婚などで姓が変わっている場合:戸籍謄本

【店舗で作成する書類】

  • 譲渡証明書
  • 委任状

軽自動車の場合

【用意する書類】

  • 自動車検査証(現住所、氏名を確認しましょう) 
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書(有効期限を確認しましょう)
  • 印鑑(認印可)
  • 振込口座情報
  • リサイクル券(預託済みの場合)

【店舗で作成する書類】

  • 自動車検査証記入申請書

これらの書類は予め用意できるのであれば、用意しておきましょう。

また買い替えるお店によっては、必要書類も変わってくることがあるので店舗で確認しておいてもいいでしょう。
いずれにしても必要となる書類なので、事前に準備しておけば後で慌てることがなくなります。

まとめ:中古車の買い替えはなるべく早い方がいい

ここまでの解説で中古車は走行距離や年式で、どれくらい高く売れるのかが変わってきます。
そのためもし現在買い替えを検討しているのであれば、査定だけでも受けておいた方がいいでしょう。

なぜなら現在の相場価格がどれくらいなのか知っておけば、どのタイミングで乗り換えるのが一番高く売却できるのかわかるからです。

また査定を受けるのが1社だけだと、その価格が高いのか低いのかわからないので複数社の査定を受けるのがオススメです。

もしかんたんに複数社の査定を受けたいのであれば車一括査定サイトを利用しましょう。
車一括査定サイトは1回の申込みで複数社の査定をかんたんに受けることができるサービスです。

詳しくは下記の記事を参考にしてください。

42view
【まとめ】車買取一括査定サイトとはどんなサービスなの?
【まとめ】車買取一括査定サイトとはどんなサービスなの?

サテイ君 一括査定サービスは正しく理解した上で利用すればとれもいいサービスです。 しっかりと理解をすれば高額査定も狙えます。 しかし実際にどんなサービスなのかよくわからない方もたくさんいるでしょう。 ...

続きを見る

サテイ君のオススメ車買取業者

買取専門の業者はどこでも一緒というわけではありません。
なぜなら、「同じ車でも買取業者によって買取額に10万円以上の差が出ることもあるからです。

また車の知識が少ない方を狙って、相場よりもかなり安い査定額を提示して強引に買い取る悪徳業者もいるので注意しましょう!!

吹き出し用
サテイ君
当サイトでは車の買取業者の中から「強みや実績」「利用者の口コミ評判」を比較して、とくに評判の高い3社厳選ししました。
愛車の売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!!

車買取オークション【ユーカーパック】

『簡単・安心・高額買取』車を売るお客様の為に作られたサービス【ユーカーパック】普通の一括査定サービスではありません!一括査定よりも高く売れるまったく新しい車買取サービスです!「ユーカーパック」の査定サービスは入力後の電話もユーカーパックからのみで、営業電話が一切ありません。一度査定申込みをするだけで最大2000社の業者からオークションの入札形式で買い取り価格を提示してもらえます。その中で「最も高い買取価格を決めれる」と言う画期的なサービス!!

愛車の買取価格をチェック「かんたん車査定ガイド」

50社以上の提携査定会社の中から最大10社に一括して見積依頼ができるのが特徴。簡単な車情報を入力するだけの簡単査定が人気で「約45秒の入力で買取価格の相場」がわかります。提携している査定会社はよく見かける大手会社から輸入車の買い取りに詳しい専門業者まで全国の優良企業が参加しているので国産車から輸入車まであらゆる車種の買い取りに対応!!丁寧なサポートと満足の行くサービスに定評があって、一括査定サービスを初めてという人も安心して利用する事が出来ます。

車査定・買取の窓口見積もり

車査定・買取の窓口は1社だけ紹介するサービスです。一括サイトとは違って複数の買取業者から一斉に電話が掛かってくる事はありません。買取会社を選定して紹介してくれるのでムダな時間が省けるので紹介された1社とだけじっくり交渉ができます!また車に詳しくない女性にも人気の高いサービスです。査定の申込みもかんたん45秒で完了!

人気記事

ユーカーパック 1

「もっと早く知っていれば、愛車を高額に売却できたのに。」 「下取に出すよりも高額に売却できる方法があったなんて。」 「事故車、故障車、不動車だからそのまま処分してしまった。」 サテイ君 そうなる前に愛 ...

かんたん車査定ガイドトップ 2

「もっと早く知っていれば、愛車を高額に売却できたのに。」 「下取に出すよりも高額に売却できる方法があったなんて。」 「事故車、故障車、不動車だからそのまま処分してしまった。」 サテイ君 そうなる前に愛 ...

-車の買取と下取りについて, 車売却で知って得する情報

Copyright© サテイ君の車売却術 , 2019 All Rights Reserved.