車売却で知って得する情報

車の査定に必要な時間は?30分~1時間で査定完了

更新日:

車の査定に必要な時間は?30分~1時間で査定完了

車を売却しようと思った時に最初におこなうのは査定でしょう。
査定をしてもらうことでどれくらいの買取価格になるのか、目安を教えてもらうことができます。

しかしはじめて査定を受ける場合、査定に必要な時間がどれくらいかかるのかわからないでしょう。

そんな時に

  • 査定を受けてから終わるまでどれくらい時間はかかるの?
  • 査定を受ける手順はどうなっているの?
  • 査定を受けてから売却するまでに準備する物は何があるの?

などの疑問が出てくると思います。

たしかにはじめて査定を受ける場合、何から始めていいのかわからずどれくらいの時間を要するのかもわからないでしょう。
そこで査定を受けた時に必要な時間や査定の手順などを詳しく解説します。

今まで査定を受けたことがない時の参考にしてください。

車の査定を受けてから売却が完了するまで

車の査定を受けてから売却が完了するまで

車の査定にかかる時間を詳しく解説する前に、車の査定から売却までの手順を紹介しておきましょう。

  • 車査定へ申し込む
  • 査定の実施
  • 査定額の提示をしてもらう
  • 必要書類の提出
  • 査定金額を入金してもらう

それぞれの手順について詳しく解説しておきます。

査定の申し込み

吹き出し用
サテイ君
まずは査定の申込みをしよう。

査定する時には、まず査定の申し込みをおこないましょう。
そして査定を受ける前には「前商談」といって、担当者からヒアリングがあります。

その内容としては、「車の年式」「走行距離」「手放す時期」「オプションなど装の備品」「事故歴や修理歴」などを詳しく聞かれ、とくに修理歴がある場合は査定に大きく響いてしまうでしょう。

なぜそんなに詳しく聞かれるのかというと、査定でのトラブルを防ぐためです。
また修理している場合は、その状態を詳しく聞かれます。

最後には他社で査定を受けるか、それとも受けたか、といった他社比較も聞いてくることがありますがそれが普通です。
そこまで詳しく聞いた内容を元に、他社との値段を探りながら担当者は交渉を進めます。

査定の実施

吹き出し用
サテイ君
車の細かい部分を詳しく見てもらうよ!

前商談が終わると査定がおこなわれます。
査定時間は担当者によって変わってきますが、早い場合10分ほどで終わってしまうでしょう。

なお高級車や輸入車は造りが複雑なので、時間がかかる傾向にあります。
改造車も同じ理由で査定をするのに時間がかかってしまうでしょう。

そして査定して気になる部分があれば、所有者に対していろいろ質問します。
その時に聞かれる内容としては、修理状況やオプションパーツが中心です。

査定額の提示

吹き出し用
サテイ君
査定した結果を教えてもらおう!

査定が終わったら査定額の提示をされます。
担当者は所有者に対して探りを入れながら金額を提示して、どの程度の金額で折り合いが付くのか見極めます。

このとき他社でも査定をしているなら、他社での査定額も考慮して金額が提示されるでしょう。

また交渉が上手い担当者ほど金額をなかなか提示しないで、趣味や車を褒めるなどして会話を盛り上げて、どれくらいで売却できそうか探りを入れてくると思います。
また担当者のみで査定額を決めることができないので、本社などに連絡してどれくらいで買い取りできそうか確認をしてから交渉し、査定額を算出していきます。

書類の提出

吹き出し用
サテイ君
必要書類を集めて提出の準備をしましょう!

交渉の内容や査定額に納得できたら売却となります。
車の売却で必要となる書類は多いので、事前に必要な書類をすべてそろえてから査定を受けるのが一般的です。

基本的には売却時に必要書類を提出して、記名と押印して契約を結びましょう。査定した後の書類のやりとりはあまり時間がかかりませんが、事前に用意する時の書類発行は時間がかかります。

入金をする

吹き出し用
サテイ君
無事契約できたら入金をしましょう!

売却の契約完了後は、車の買取がおこなわれて入金となります。
一部の買取店舗では現金を手渡ししたりしますが、通常は振り込みによって買い取った分のお金が支払われるでしょう。

その場合は後日口座への入金となり、翌日から1週間程度で口座に振り込まれます。

車の査定に必要な時間はどれくらい?

車の査定に必要な時間はどれくらい?

ここまでどのような手順で車の査定が進んでいくのかわかったと思います。
では次に査定を受けた時にどれくらいの時間がかかるのか、その工程を説明しながら解説していきましょう。

査定を受けるときのそれぞれの時間を細かく解説します。

外装のチェックに必要な時間は10分~20分

吹き出し用
サテイ君
まずは外装のチェックから始めるよ!

外装のチェックは傷やへこみ、色あせがないかを確認するため時間がかかります。
またチェック項目は細かく決まっているので、詳細にチェックするため時間が必要となるのです。

とくにひとつの項目をチェックするのに、損傷の大きさや状態など複数の要因を見ることも多く、その項目の中身も詳細に決まっているので外装の査定は時間がかかります。

足回りのチェックは3分~5分

吹き出し用
サテイ君
つぎに足回りのチェックがあるよ!

車の足回りのチェックに関しては、売主の申告を信頼してチェックするのでそれほど時間はかかりません。
目視でさっと確認するだけで、錆がないかなどの簡単なチェックとなります。

エンジンルームのチェックは5分~10分

吹き出し用
サテイ君
エンジンルームもチェックするよ!

エンジンルームのチェックも、売主の申告を信頼してチェックされるのであまり時間はかかりません。

エンジンのチェックはオイル漏れがないか、エンジン状態は正常かなど、エンジンの状態を確認していくのです。
エンジン各部をチェックした後は、実際にエンジンをかけて音を聞くなどして確かめます。

フレームのチェックは3分ほど

吹き出し用
サテイ君
次は車のフレームをチェックするよ!

車のフレームに関しても売主の申告を信頼して、目視のみのチェックとなります。
チェックの仕方はエンジンルームや車体下などを見て確認していくでしょう。

目視箇所は決まっているので、すぐに終わります。

内装のチェックは5分~10分

吹き出し用
サテイ君
内装もチェックされるよ!

内装は汚れやニオイをチェックして、シートを張り替える必要があるか、消臭が必要かなどを確認していきます。
内装に使用されているパーツやオーディオ用品、カーナビなどもチェックして、傷がないか確認するので時間が必要となる場合もあります。

このように車全体を細かくチェックしていくので早くて30程度、長くて1時間程度は必要でしょう。

ただし査定開始から終了まで、丸1日かかるようなことはありません。

また場合によっては査定士に詳しく車の状況・事故歴・修理箇所について、聞かれることもあるのでわかるようにしておきましょう。
なお査定士はプロなので、車の状態を見ればどこを修理したのかわかってしまうでしょう。

この時に嘘を付くと印象が悪くなってしまいます。

売買手続きと書類発行にかかる時間

売買手続きと書類発行にかかる時間

車の査定が終了して、納得できる金額ならば売却手続きをします。
売却には書類が必要で売却契約を結ぶときは記名や押印だけなので、それほど時間はかかりません。

しかし売却時に用意しなければならない書類があります。

それらは下記になるので、確認しておきましょう。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 印鑑登録証明書(印鑑証明)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責)
  • 自動車納税証明書(納税証明)
  • リサイクル券
  • 譲渡証明書
  • 委任状

この7点の書類が必要となります。

中でも車検証・印鑑証明書・自賠責、この3つの書類を用意するのに時間がかかります。

車検証の再発行にはどれくらい時間が必要?

吹き出し用
サテイ君
車検証は大切な書類だからあらかじめ確認しておこう!

車検証は車を売却するときに必要となる重要な書類です。

車の所有者や使用者、型式、走行距離などが書かれている車の情報が詰まった書類となります。
もし車検証が手元にない場合は急いで再発行して、売却までに用意しないとなりません。

車検証を再発行する方法は、ナンバーを登録している陸運局にいって再発いって手続きをします。
手続きは書類提出だけで終わりますが、再発行するまでに半日ほどかかります。

印鑑証明の発行にはどれくらい時間が必要?

吹き出し用
サテイ君
印鑑証明ってどこで再発行できるの?

車を売却する時には印鑑証明も必要となります。
印鑑証明書は市役所などで発行が可能です。

また車検証と印鑑証明の住所が違う場合は、戸籍謄本が必要となることがあります。

発行にかかる時間は、待ち時間を考えなければ5分程度ですみますが、混んでいると30分ほど待つことがあります。

自賠責の再発行は1週間ほど必要

吹き出し用
サテイ君
自賠責の再発行は時間がかかるね!

車の売却で必要となる書類の中でも自賠責の再発行はとくに時間がかかります。
その再発行にかかる時間は、1週間ほどです。

なぜ時間がかかるのかというと、加入している保険会社や代理店に再発行の依頼をするので直接発行できる書類ではないから。

電話や書類で再発行の依頼をして自宅宛に自賠責保険の書類を送ってもらう流れとなるので、発行まで1週間ほど時間がかかると思っておきましょう。

入金までにかかる時間の目安

吹き出し用
サテイ君
売却したお金の入金にはどれくらい時間がかかるのかな?

ほとんどの買取業者は査定後に売却契約を結ぶと、買取金額のお金は振り込みとなります。
振込先は売却契約時に振り込み用口座を契約書に記載し、その口座に入金されるのです。

入金までの期間の目安は早くて翌営業日、長くても10日ほどで入金されます

もしも入金されるタイミングが気になる場合は、契約時にいつ入金になるか聞いてみるとよいでしょう。

まとめ:車の査定から売却までは半日ほど必要

ここまで査定の流れを説明して、それぞれにどれだけの時間がかかるかを紹介しました。

車の価格を調べてもらい売却するというのは手間も時間もかかることなので、どれだけ時間が必要か気になると思います。
車の査定にはおおよそ30分~1時間ほど、そこから売却の契約をするのであれば合わせて半日ほどみておけば十分でしょう。

しかし車を賢く高く売却したいのであれば、1店舗だけ査定を受けて売却するのはもったいないです。
最低でも3社の査定を受けてから売却するようにしましょう。

なお複数の買取店に査定を依頼するのであれば、車一括査定サイトがオススメです。

サテイ君のオススメ車買取業者

買取専門の業者はどこでも一緒というわけではありません。
なぜなら、「同じ車でも買取業者によって買取額に10万円以上の差が出ることもあるからです。

また車の知識が少ない方を狙って、相場よりもかなり安い査定額を提示して強引に買い取る悪徳業者もいるので注意しましょう!!

吹き出し用
サテイ君
当サイトでは車の買取業者の中から「強みや実績」「利用者の口コミ評判」を比較して、とくに評判の高い3社厳選ししました。
愛車の売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!!

車買取オークション【ユーカーパック】

『簡単・安心・高額買取』車を売るお客様の為に作られたサービス【ユーカーパック】普通の一括査定サービスではありません!一括査定よりも高く売れるまったく新しい車買取サービスです!「ユーカーパック」の査定サービスは入力後の電話もユーカーパックからのみで、営業電話が一切ありません。一度査定申込みをするだけで最大2000社の業者からオークションの入札形式で買い取り価格を提示してもらえます。その中で「最も高い買取価格を決めれる」と言う画期的なサービス!!

愛車の買取価格をチェック「かんたん車査定ガイド」

50社以上の提携査定会社の中から最大10社に一括して見積依頼ができるのが特徴。簡単な車情報を入力するだけの簡単査定が人気で「約45秒の入力で買取価格の相場」がわかります。提携している査定会社はよく見かける大手会社から輸入車の買い取りに詳しい専門業者まで全国の優良企業が参加しているので国産車から輸入車まであらゆる車種の買い取りに対応!!丁寧なサポートと満足の行くサービスに定評があって、一括査定サービスを初めてという人も安心して利用する事が出来ます。

Goo-netの「グー買取」

住んでいる地域と車種を選択するだけで売りたい車の買取に強い買取店を簡単に探すことが可能!!またそれぞれの買取店の口コミ(レビュー)が出ているため個別の評判を知ることができます。大手買取店では値段が付きにくい「珍しい車種」「特殊車両(キャンピングカーなど)」は特に高く売れる可能性も。他にも売りたい車の向こう半年後までの相場推移を確認可能。すぐに車を売りたい場合でなくても先の相場推移がわかるので乗り換え時の予算組みがしやすいなどのメリットがあります。

人気記事

ユーカーパック 1

「もっと早く知っていれば、愛車を高額に売却できたのに。」 「下取に出すよりも高額に売却できる方法があったなんて。」 「事故車、故障車、不動車だからそのまま処分してしまった。」 サテイ君 そうなる前に愛 ...

かんたん車査定ガイドトップ 2

「もっと早く知っていれば、愛車を高額に売却できたのに。」 「下取に出すよりも高額に売却できる方法があったなんて。」 「事故車、故障車、不動車だからそのまま処分してしまった。」 サテイ君 そうなる前に愛 ...

-車売却で知って得する情報

Copyright© サテイ君の車売却術 , 2019 All Rights Reserved.