役立つ情報

車の売却で必要書類は?種類と再発行方法を合わせて解説!

投稿日:

車の売却で必要書類は?種類と再発行方法を合わせて解説!

車を売却する時に必要な書類は何があるのか知っていますか?
はじめて車を売却するのであれば、どんな書類を集めればいいのかわからないと思います。

そんなあなたは

  • 車の売却に必要な書類は何があるの?
  • 必要な書類をなくしてしまった時はどうしたらいいの?
  • 事前に準備しておいた方がいい物は何があるの?

などの疑問を持っていませんか?

車を売却する意欲があるのであれば、必要書類を準備しておいた方がいいでしょう。
しかし売却時にどんな書類が必要なのか、また書類が保管されている場所やなくした時の再発行の方法がわからない方もいると思います。

そこで車を売却する時の必要書類や紛失した時の再発行方法を紹介しましょう。

車の売却は普通自動車と軽自動車で書類が異なる

車の売却は普通自動車と軽自動車で書類が異なる

必要書類を準備する前に確認することがあります。
それは売却を考えている車が「普通自動車」「軽自動車」のどちらということです。

なぜなら普通自動車と軽自動車では、売却に必要な書類が違ってきます

まずは必要書類の「何が必要」「どこで入手可能」「保管場所はどこ」などといったことを解説していきましょう。

車の売却時に必要な書類一覧

吹き出し用
サテイ君
どんな書類が必要なのかな?

まずは普通自動車と軽自動車で、それぞれどの書類が必要になるのかをまとめたので確認しておきましょう。

必要な書類(もの)

普通自動車

軽自動車

実印

 

認印

 

印鑑証明書

 

自動車検査証(車検証)

自動車税納税証明

自賠責保険証

リサイクル券

譲渡証明書

 

委任状

振込先のメモ

軽自動車は普通自動車よりも用意する書類が少なくていいのが特徴です。

実印

実印は普通自動車を売却する時にだけ必要です。
軽自動車の売却では必要ありません

理由として実印は譲渡証明書を作成するために使うから。
譲渡証明書がなくても売却できる軽自動車は必要ありません。

実印は必ず住民票のある市区町村に届け出をしている必要があります。

もし実印をなくしてしまった場合は、役所で印鑑登録をやりなおす必要があります。
役所の市民課で再登録が可能なので、売却前に必ず用意しておきましょう。

認印

実印がなくても売却できる軽自動車の場合は、認印が必要となります。
軽自動車は譲渡証明書を作成する必要がないので、契約書に認印を押印するだけで売却することができます。

認印は百均などで購入したものでも使うことが可能です。
必ず車検証に記載されている所有者の名字の認印を用意しましょう。

認印は実印と違い役所に届け出をする必要がないので、なくした場合は新たに購入するだけで問題ありません。

印鑑証明書

印鑑証明書は普通自動車の売却で必要となります。
また実印とセットで必要になるケースがほとんどです。

印鑑証明書は役所に届け出た実印が、確実にあなたのものであることを証明してくれます。

発行するには市役所や区役所にいけば可能です。
そして必ず「市民課」に出向きましょう。

数百円の手数料を払えば10分ほどで発行されます。
さらに印鑑登録カードがあれば、役所に設置されている機械で発行することも可能です。

自動車検査証(車検証)

自動車検査証とは車検証のこと。
これは普通自動車と軽自動車のどちらでも必要な書類です。

車検証は「車の型番」「車台番号」「所有者の情報」といった大事な情報が記載されている書類となります。
ほとんどの方は車検証のファイルに入れて、ダッシュボードにしまっているでしょう。

もし見つからなかった場合は車を購入したディーラー、または日頃整備を依頼している工場に問い合わせてみましょう。
どの方法でも車検証が見つからなかった場合、紛失しているかもしれません。

もし紛失している場合は、ナンバープレートに記載されている管轄の陸運局で再発行を依頼します。
再交付の申請書に必要事項を記入し、身分証を提示して再交付を待ちます。

手数料は300円程度です。
陸運局は平日しか営業していないので出向くことが難しければ、ディーラーに数千円の代行手数料を支払って再発行してもらう方法もあります。

なお軽自動車の車検証を再発行する場合は、陸運局ではなく軽自動車検査協会に出向く必要があります。
必要な手続きは普通自動車と同じです。

自動車税納税証明

自動車税納税証明とは、毎年5月に支払う自動車税を納めた証明書のこと。
自動車税を納めていない場合、車の売却はできません

もし納税をしていない方は事前に納税をしておきましょう。

なお紛失してしまった場合の再発行自体はとても簡単です。
その方法は都道府県税事務所にいき、機械に車のナンバーを入力するだけ。

手数料も無料で証明書が再発行できます。
しかし自動車税納税証明に関しては、なくした場合も納税自体が済ませていれば問題ありません。

もし自動車税納税証明をなくしてしまった場合でも、納税を済ませていれば都道府県税事務所に問い合わせすることで確認ができます。

その確認ができれば売却は問題なくおこなえるので、あまり心配する必要はありません。

自賠責保険証

自賠責保険証は車の登録時や車検時に、必ず加入する自賠責保険の証明書です。
自賠責保険は強制保険ともいわれており、車を所有する人全員に加入の義務があります。

この自賠責保険に加入していることを確認できるのが、自賠責保険証となります。
通常は車検証と一緒に保管していることが多いので、車検証入れを確認すれば見つけることができるでしょう。

それでも見つからなかった場合は、再発行が必要なので車検を依頼した工場またはディーラーに問い合わせましょう。
車検時に自賠責保険を継続手続きしているはずなので、再発行の手順を教えてくれます。

リサイクル券

リサイクル券とは、自動車リサイクル法にもとづいて発行される証明書です。
自動車リサイクル法とは車を廃車する時に処分の費用を支払うということで、原則として新車購入時にリサイクル料を支払います。

その時に発行されるのがリサイクル券です。
基本的には車検証入れに保管されていることが多く、ダッシュボードを確認すれば見つかるでしょう。

もし車検証入れにリサイクル券が入っていない場合でも、リサイクル料さえ支払っていれば問題ありません
買取業者の担当にリサイクル券の紛失を話せば対応してもらえるでしょう。

譲渡証明書

譲渡証明書は車の所有者を変更するために必要な書類です。
普通自動車を売却する時にだけ必要で、軽自動車の場合は必要ありません

車は売却すると名義が買取業者、またはディーラーに変更されます。
そのため車を手放したと証明する必要があるのです。

譲渡証明書は買取業者が用意してくれるので、住所氏名を記入した後、実印を押印して提出しましょう。
なお譲渡証明書は必ず車の所有者が記入する必要があります。

ローンで購入した車の場合、所有者がローン会社またはディーラーになっている可能性があるので確認してください。

その場合はローンを完済して、所有権を自分に移す必要があります。

これを「所有権の解除」といいます。

もし車を売却したお金でローンを完済しようとしているのであれば、買取業者の担当者にその旨を話しておきましょう。
そうすることで担当者がローン会社とやり取りをおこなってくれます。

なお買取金額がローン残金に満たない場合は、差額を支払わなければ所有権の解除ができないので注意しましょう。

委任状

車を売却するには必ず名義変更の手続きが必要です。

通常は陸運局または軽自動車検査協会に出向いておこなう必要があるのですが、売却の時は買取業者に代行をしてもらいます。
その代行をお願いするための書類が委任状です。

委任状は普通自動車や軽自動車の場合も必要で、買取業者が用意してくれます。
紛失した場合も再発行してくれるので、心配する必要はありません。

ここまでの解説で車の売却に必要な書類について詳しく紹介しました。

書類の種類も多く、保管先もそれぞれ違うのですべて揃えるには時間がかかります。
なので査定の前にすべて用意しておくといいでしょう。

必要な書類とそうでない書類

必要な書類とそうでない書類

ここまで紹介した車を売却するための書類ですが、中にはなくても手続き上は問題ないものもあります。

ではどの書類が必要で、どの書類がなくてもいいものかまとめました。

必要な書類(もの)

普通自動車

軽自動車

実印

絶対に必要

必要ない

認印

必要ない

絶対に必要

印鑑証明書

絶対に必要

必要ない

自動車検査証(車検証)

絶対に必要

絶対に必要

自動車税納税証明

なくても良い

なくても良い

自賠責保険証

絶対に必要

絶対に必要

リサイクル券

なくても良い

なくても良い

譲渡証明書

絶対に必要

必要ない

委任状

絶対に必要

絶対に必要

振込先のメモ

なくても良い

なくても良い

必ず用意する書類

吹き出し用
サテイ君
車を売却する時にこれだけはそろえておこう!

車を売却する時に必要となる書類は、以下の6点です。

  1. 実印(軽自動車は不要)
  2. 印鑑証明書(軽自動車は不要)
  3. 車検証
  4. 自賠責保険証
  5. 譲渡証明書(軽自動車は不要)
  6. 委任状

「実印」「印鑑証明書」「譲渡証明書」軽自動車の場合は必要ありません。

普通自動車を売却する場合、これら6点数は必ずそろえておく必要があります。
また車検証や自賠責保険証の再発行は時間がかかるので、まず紛失していないかを確認しておきましょう。

譲渡証明書と委任状は買取業者が用意してくれる書類なので、持っていなくても大丈夫です。

紛失した場合も簡単に再発行できるので、直前の用意でも問題ありません。

なくても問題ない書類

吹き出し用
サテイ君
必要な書類ではない物もあるね!

必要な書類の中でも、なくても売却できる書類は以下の3点です。

  1. 自動車税納税証明
  2. リサイクル券
  3. 振込先のメモ

自動車税納税証明はなくても売却することができます。
なぜなら自動車税を納めているかがポイントだからです。

証明書がなくても自動車税を納めていれば手続き上は問題ありません。
再発行も簡単なので、買取業者が無料で代行してくれることもあります。

リサイクル券も同じで、リサイクル料を払っているかがポイントです。
これもリサイクル料を払っているネットで調べることができるので、買取業者が代行してくれる場合もあります。

必要ない書類

吹き出し用
サテイ君
普通車と軽自動車で必要な書類が変わってくるね!

車の売却で必要ない書類は、以下の4点です。

  1. 軽自動車の場合は実印
  2. 普通自動車の場合は認印
  3. 軽自動車の場合は印鑑証明書
  4. 軽自動車の場合は譲渡証明書

軽自動車は登録の区分が、普通自動車とは違います。

法的にも手続きが違ってくるので、「実印」「印鑑証明書」「譲渡証明書」は必要ありません。
軽自動車は認印だけで名義変更の手続きができるのが特徴です。

逆に普通自動車は実印で名義変更の手続きをおこなうので、認印は必要ありません。

これだけ知っていれば、車を売却する時に書類の準備で慌てることはありません。

買取業者やディーラーもこのような手続きには慣れているため、困った時は相談すれば対応してくれます。

必要な書類の用意ができたら、どこで車を売るかを考えましょう。
車の売却で一番大切なのは、少しでも高く売ることです。

そのためには買取業者選びが、一番重要なポイントとなります。
ではここからは手間をかけずに、車を高く売ることができる「一括査定サイト」について詳しく紹介していきましょう。

少しでも車を高く売るなら一括査定サイト

少しでも車を高く売るなら一括査定サイト

もし車を売る目的が「少しでも高く売りたい」ということであれば、車一括査定サイトを利用しましょう。

車一括査定サイトは、面倒な複数社への査定依頼が一回で済んでしまうインターネットサービスのことです。

自分で買取店1社1社に査定依頼することが不要となります。
つまり車一括査定サイトを使えば、複数社の査定を受けることが可能です。

このように複数社に査定をしてもらうことを「相見積もり」といって、買取業者で競争が発生するため査定価格が上がるというメリットがあります。

しかも申し込みにかかる時間は、2〜3分ほどで完了してしまうくらい簡単です。

また車一括査定サイトを使うもう1つのメリットは、自分で買取店探して出向かなくてもいいこと
買取店で査定を受ける場合、自分で店舗を探して出向く必要があります。

しかし車一括査定サイトなら、買取店が無料で出張査定に来てくれるのです。

申し込みをした後にかかってきた電話で都合のいい日を伝えれば、その日に自宅まで査定員が来てくれます。
つまり手間をかけずに車を高く売却できるということです。

車一括査定サイトを比較して紹介!

吹き出し用
サテイ君
どの車一括査定サイトがオススメなの?

オススメの車一括査定サイトを2つ紹介します。

  • ユーカーパック:買取業者からの電話がない、申込み直後に買取相場を知ることができる
  • かんたん車査定ガイド :JADRIで認可された買取業者のみに厳選

それぞれ詳しく解説していきます。

ユーカーパック

ユーカーパック は「オークション形式」を採用している車一括査定サイトです。
ユーカーパックのメリットは電話がかかってこない点ですが、2,000社以上もの車買取業者と提携しています

ただしユーカ―パックの提携している業者の中で、「大手買取業者は少ない」という欠点もあります。

大手買取業者が少ないので、買取価格が高くなるのか少し不安があるかもしれません。

ユーカーパックの詳細

かんたん車査定ガイド

「 かんたん車査定ガイド 」の特徴は、JADRIと言われる中古車の流通を健全とする団体に参加している買取業者のみと提携しているところです。

最近はあまりありませんが、悪質な買取業者も存在しています。
しかし「かんたん車査定ガイド」は提携している買取業者の数を絞って、信頼できる買取業者だけと提携しているのです。

これらの車一括査定サイトは、申し込みにかかる時間も2分程度なので簡単に申込みを完了させることができます。

思っていたよりも、高く売却することができるはずです。

かんたん車査定ガイドの詳細

まとめ:必要書類は早めに用意しておきましょう

このような車を売却する時にはさまざまな書類が必要となります。
ここまで詳しく解説したので、車を売却する時の書類については十分に理解できたと思います。

最後にここまでのポイントをまとめておきました。

下記を確認してみましょう。

  • 車の売却に必要な書類は9つ
  • 普通自動車と軽自動車では必要な書類が違う
  • 必要な書類となくても問題ない書類がある
  • 車検証と自賠責保険証は再発行に時間がかかる
  • 書類を用意できたら「車一括査定サイト」を試してみる

必要な書類は普通自動車と軽自動車で違ってくるので、まずは車がどちらなのかを確認しておきましょう。

そして必要となる書類をそろえます。
それ以外の書類は再発行、または買取業者が代行してくれるものなので心配ありません。

書類が用意できたら、どこの買取業者に査定を依頼するのかを考えておきましょう。

一番大切なのは「車を高く売ること」です。
車一括査定サイトを使って、高額査定を引き出しましょう。

自分の納得できる金額で売却できそうであれば、必要書類を用意してさっそく売却の手続きに入りましょう。

サテイ君のオススメ車買取業者

買取専門の業者はどこでも一緒というわけではありません。
なぜなら、「同じ車でも買取業者によって買取額に10万円以上の差が出ることもあるからです。

また車の知識が少ない方を狙って、相場よりもかなり安い査定額を提示して強引に買い取る悪徳業者もいるので注意しましょう!!

吹き出し用
サテイ君
当サイトでは車の買取業者の中から「強みや実績」「利用者の口コミ評判」を比較して、とくに評判の高い3社を厳選ししました。
愛車の売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!!

車を売る方の為に作られた【ユーカーパック】

『簡単・安心・高額買取』で、車を売るお客様の為に作られたサービス【ユーカーパック】
一括査定サービスではありません!一括査定よりも高く売れるまったく新しい車買取サービスです!
「ユーカーパック」の査定サービスは入力後の電話もユーカーパックからのみで、営業電話が一切ありません。
さらに一度査定申込みをするだけで、最大2000社の業者から、オークションの入札形式で買い取り価格を提示してもらえます。
その中で「最も高い買取価格を決めれる」と言う画期的なサービス!!

愛車の買取価格をチェック「かんたん車査定ガイド」

50社以上の提携査定会社の中から最大10社に一括して見積依頼ができるのが特徴。簡単な車情報を入力するだけの簡単査定が人気で、「約45秒の入力で買取価格の相場」がわかります。提携している査定会社はよく見かける大手会社から、輸入車の買い取りに詳しい専門業者まで全国の優良企業が参加しているので、国産車から輸入車まであらゆる車種の買い取りに対応!!丁寧なサポートと満足の行くサービスに定評があって、一括査定サービスを初めてという人も安心して利用する事が出来ます。

Goo-netのGoo買取

住んでいる地域と車種を選択するだけで、売りたい車の買取に強い買取店を簡単に探すことが可能!!またそれぞれの買取店の口コミ(レビュー)が出ているため、個別の評判を知ることができます。大手買取店では値段が付きにくい「珍しい車種」「特殊車両(キャンピングカーなど)」は特に高く売れる可能性も。他にも売りたい車の向こう半年後までの相場推移を確認可能。すぐに車を売りたい場合でなくても、先の相場推移がわかるので乗り換え時の予算組みがしやすいなどのメリットがあります。

あなたにオススメの記事

ユーカーパック 1

「もっと早く知っていれば、愛車を高額に売却できたのに。」 「下取に出すよりも高額に売却できる方法があったなんて。」 「事故車、故障車、不動車だからそのまま処分してしまった。」 サテイ君 そうなる前に愛 ...

かんたん車査定ガイドトップ 2

「もっと早く知っていれば、愛車を高額に売却できたのに。」 「下取に出すよりも高額に売却できる方法があったなんて。」 「事故車、故障車、不動車だからそのまま処分してしまった。」 サテイ君 そうなる前に愛 ...

-役立つ情報

Copyright© サテイ君の車売却術 , 2019 All Rights Reserved.