車売却で知って得する情報

車を買い替える時の保険手続きは?3ステップで完了!

車を買い替える時の保険手続きは?3ステップで完了!

初めて車を買い替える時に、多くの方は保険のことなどの手続きに関しては忘れているかもしれません。
しかしいざ保険の手続きに関して考えてみてもわからないことが多いのはないでしょうか?

たしかに車を今まで買い替えたことがない場合は、保険の手続きなどしたこともないためわからないことばかりだと思います。

たとえば

  • 車を買い替える時の保険の手続きって何があるの?
  • 車を買い替える時の手続きはどんな手順?
  • どんな方法で手続きをすれば損をしないのかな?

などのことを考えるでしょう。
そこで車の買い替えに時おこなう保険の手続きや注意点について、詳しく解説していきましょう。

車を買い替える時に必要な3ステップ

車を買い替える時に必要な3ステップ

車を買い替える時には、自動車保険のことも考えなければならないでしょう。
そんな時には、今入っている自動車保険の手続きも同時に進めていく必要があります。

自動車保険の手続きを進めていく時の手順は、下記となります。

  1. 車の売買契約と納車日を決定
  2. 納車日に合わせて車両の入替
  3. 納車日に等級を引継ぐ

この手順で車の買い替える時の保険手続きを進めることができる。
なおこの時に注意しなければならないポイントもあります。

ではそれぞれに関して詳しく解説していきましょう。

車の売買契約と納車日を決定

吹き出し用
サテイ君
売買契約日と納車日を決めよう!

車の売買契約をする時に、納車日を確定しなければなりません。
そしてこの納車日がとても重要な役割を持っているのです。

なぜならこれまで加入していた自動車保険の等級をそのまま引継ぐことになるのですが、引き継ぐタイミングは「納車日から引き継いでスタート」することになります。
これがいわゆる「車両入替」という手続きです。

そのため納車日がわからなければ、引継ぎがうまくできない可能性があるので注意してしましょう。
なお等級を引継ぐには車台番号などが必要となるので、登録が完了したら車検証のコピーを入手する必要があります。

その点は担当者に伝えておけば対応してくれるので、心配しなくても問題ありません。

納車日に合わせて車両の入替

吹き出し用
サテイ君
納車日が決まったら車両の入れ替えを考えよう!

納車日が決まったら、それに合わせて車両入替をすることになりますが、車両入替の手続きはとてもかんたんとなります。
なぜなら納車日が決まった後は、加入している保険代理店や保険会社に「車の買い替えするので車両入替をしてください」と伝えるだけです。

そのためとくべつな手続きをする必要はなく、やることは「車両入れ替えをすると伝える」だけと思ってもいいでしょう。

また新しい車の車検証が手元にあると手続きがスムーズに進むので、あらかじめ「保険の手続きに必要」といって手に入れておくとのがオススメです。

納車日に等級を引継ぐ

吹き出し用
サテイ君
保険の等級を引き継ごう!

車両入替の依頼をしたら、その後は納車日に等級を引継いでスタートするだけです。
なので保険会社や保険代理店に依頼した後のことは、心配することはありません。

ちなみにもし納車日が変更となる場合は、先に連絡しておけばすぐに対応してもらうことができます。
そのため納車日が変わったとしても、先に連絡さえしておけば問題ないでしょう。

ただし2つだけ注意点があります。

車買い替え時の保険2つの注意点

車買い替え時の保険2つの注意点

車の買い替えで車両入替をする時に、2つの注意点があるので確認しましょう。
それは下記の2つです。

  1. 保険料が大きく変わるかもしれない
  2. お金を支払う必要があるかもしれない

それぞれについて詳しく確認してみましょう。

【注意点①】保険料が大きく変わるかもしれない

吹き出し用
サテイ君
保険料が変わるかもしれないから確認しよう!

自動車保険は「車の車種によって保険料が変わる」ことがあります。
乗る車が変われば支払う金額も変わるのはわかるかもしれない。

しかし「車両保険をつけた場合だけ」と思っていないだろうか。
たしかに車両保険をつけた場合は、車両1台分の価格が補償されるので車両価格が変わると保険料も変わってきます。

しかし他にも保険料が変わる要素があるのです。

実際に車種別の保険料を、「車両保険なし」「車両保険あり」で比較してみました。

車種

車両保険

年間保険料(円)

クラウン

あり

約110,000

なし

約157,000

アクア

あり

約107,000

なし

約140,000

それぞれは同じ条件で算出しました。
このように同じ保険会社で比較しても、年間で1万円近くの差が出るのです。

そのためただ等級を引継いだだけでも、保険料が変わってしまう可能性があることは覚えておきましょう。
なぜ保険料が変わってしまうのかは、車のランクよりも車種(型式)別に分けられた「保険を使うリスク」によることが大きいです。

そしてこのリスクを料率クラスと自動車保険では呼んでいます。
これは車の大きさには関係なく、「事故の多い車種に関して保険料が高くなる」仕組みとなっているのです。

そのため人気車種であるプリウスなどは、車のランクよりも高い保険料となる場合もあると覚えておくといいでしょう。

なお料率クラスは「損害保険料率算出機構」で調べることができます。

【注意点②】お金を支払う必要があるかもしれない

吹き出し用
サテイ君
車種が変わると支払いが発生するかもしれないよ!

先ほどの車種が変わることによる保険料に差が出ることでわかったと思いますが、保険料が変わることによって「余分に支払う可能性」が出てきます。

たとえば保険料が10万円だった場合、新保険料が12万円になったら、超過した2万円を支払う必要がるのです。

そのため等級はそのまま引継げるが、保険料に差額が発生することによる支払いが発生する可能性があると覚えておきましょう。
ただし保険料が安くなった場合は、「払い戻し」もあります。

この手続きは保険代理店や保険会社に、車両入替の手続きを依頼する時に返還される保険料を教えてもらうことができるので安心してください。

また基本的に払い戻しがある場合は、指定した口座に一括で振り込まれます。
そのため特別に大きな手続きは必要ないと思って大丈夫です。

また分割払いをしている場合については、今の分割払いをいったん終了してその後保険料をあらためて支払っていくこととなります。
ただクレジットカードで分割払いしている場合は、「いったん一括で払い戻し」されて「新しい保険料を支払う」形になると覚えておきましょう。

ここまでが車の買い替えでおこなう車両入替の注意点の説明でした。

ここまで読んだあなたは、「保険料が変わる可能性がある」点が気になったのでは?
保険料は安くなればいいのですが、逆に高くなるのは避けたいのではないでしょうか?

そこで最大限に保険料を抑える方法を紹介しておきます。

保険料を抑えたいなら「保険会社の見直し」を

保険料を抑えたいなら「保険会社の見直し」を

保険料を抑える方法として、一番有効な方法が「保険会社の見直し」となります。
なぜなら保険会社によっては、大きく保険料の差額が出るからです。

たとえば下記をご覧ください。

自動車保険の種類

保険会社名

年間保険料(円)

差額(円)

代理店型

損保ジャパン日本興亜

約113,000

約47,000

通販型

ソニー損害保険

約66,000

このように同じ条件で比較しても、47,000円も保険料差が出てしまうのです。

そのため保険料の差額を埋めるだけではなく、複数の保険会社で保険料の見積もりを作ってもらい比較していくことが重要となります。

しかし安い自動車保険では事故対応の質がよくないと思うかもしれません。
ですがその点に関しては、あまり心配する必要はありません。

なぜなら安い自動車保険は「通販型」と呼ばれるタイプとなり、基本は電話やチャット機能によって顧客対応をします。
そして対応するスタッフは、保険会社に在籍する「自動車保険のプロ」です。

そのため正しい知識を持って対応してくれるため、安心して任せることができます。
しかしわざわざ保険料の見積もりを作ってもらい、それを比較するのは面倒だと思うでしょう。

そこでオススメのサービスがあります。
それは「自動車保険一括見積もり」

このサービスは誰でもかんたんに利用できて、短時間で比較して最安の保険料で安心対応の自動車保険が見つかるので是非検討してみてください。

自動車保険一括見積もりはどんなサービス?

吹き出し用
サテイ君
自動車保険一括見積もり?どんなサービスなの?

自動車保険は提供している保険会社によって、保険料が大きく違うことが多いです。
そのため少しでも安くて優良な自動車保険を探すのなら、複数の保険会社で保険料の見積もりを作成して比較していく必要があります。

しかし自動車保険の見積もりを作成するには、1社あたり5~10分くらいかかってしまうため、5社を比較するだけでも1時間近くかかってしまいます。
普通の方は、そこまでして比較しようとは思わないと思います。

そこでオススメなのが自動車保険一括見積もりというサービス

このサービスは、「一回の申込みで複数社に保険見積もりが依頼できる」といった特徴があるのです。
つまり1回の入力で複数社に、一括して保険料の見積もりを作成してもらえるサービスとなります。

そのため1社の保険見積もりを作成する時間だけで、複数の自動車保険を比較することができるのです。
しかし自動車保険一括見積もりも複数のサービスが存在しています。

そこでオススメの自動車保険一括見積もりを紹介していきます。

オススメの自動車保険一括見積もりサイト

吹き出し用
サテイ君
迷ったらここのサービスを利用してみよう!

下記の自動車保険一括見積もりを確認してみましょう。

  1. 保険スクエアbang!
  2. インズウェブ

どちらも大手企業が提供しているサービスなので、安心して利用できると思います。
また各自動車保険一括見積もりの特徴をまとめたのでチェックしてみてください。

サービス名

保険スクエアbang!

インズウェブ

運営企業

ウェブクルー

SBIホールディングス

上場

未上場

上場済

最大依頼数

16社

20社

保険スクエアbang!は信頼度が高い

「 保険スクエアbang! 」の自動車保険一括見積もりは、元上場企業である株式会社ウェブクルーが運営している自動車保険一括見積もりとなります。

今は上場していませんが、1998年から20年以上も運営されているサービスなので信頼度が高いです。

保険スクエアbang!で見積もり

保険の窓口インズウェブは多くの保険会社と比較できる

オススメする自動車保険一括見積もりの中でも、たくさんの保険会社を比較できるのがインズウェブとなります。
比較できる数は最大20社で、間違いなく最安の自動車保険が見つかるでしょう。

またこれまでの実績も900万人以上が利用しており、2000年から運営がスタートされているので信頼度も高いです。

保険の窓口インズウェブで見積もり

まとめ:一度自動車保険を見直してみよう!

ここまでが車を買い替える時の自動車保険の手続きや注意点でした。
普段から車の保険を見直す機会はあまりないので、車の買い替えを機会に自動車保険も見直してみてはいかがでしょうか?

もしかしたら今よりも条件がよくなるかもしれません。

では最後にここまでの内容をまとめておきます。

  • 車を買い替える時には、「車両入替」という手続きが必要
  • 納車日に合わせて等級の引継ぎをする
  • 車両入替の手続きは「連絡」だけで済む
  • 車両入替の時に等級は引継げるが保険料も変更になる場合がある
  • 保険料を気にするのなら「自動車保険一括見積もり」サービスがオススメ

これらのことに注意して車の買い替えを進めてみてください。

サテイ君のオススメ車買取業者

買取専門の業者はどこでも一緒というわけではありません。
なぜなら、「同じ車でも買取業者によって買取額に10万円以上の差が出ることもあるからです。

また車の知識が少ない方を狙って、相場よりもかなり安い査定額を提示して強引に買い取る悪徳業者もいるので注意しましょう!!

吹き出し用
サテイ君
当サイトでは車の買取業者の中から「強みや実績」「利用者の口コミ評判」を比較して、とくに評判の高い3社厳選ししました。
愛車の売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!!

車買取オークション【ユーカーパック】

『簡単・安心・高額買取』車を売るお客様の為に作られたサービス【ユーカーパック】普通の一括査定サービスではありません!一括査定よりも高く売れるまったく新しい車買取サービスです!「ユーカーパック」の査定サービスは入力後の電話もユーカーパックからのみで、営業電話が一切ありません。一度査定申込みをするだけで最大2000社の業者からオークションの入札形式で買い取り価格を提示してもらえます。その中で「最も高い買取価格を決めれる」と言う画期的なサービス!!

愛車の買取価格をチェック「かんたん車査定ガイド」

50社以上の提携査定会社の中から最大10社に一括して見積依頼ができるのが特徴。簡単な車情報を入力するだけの簡単査定が人気で「約45秒の入力で買取価格の相場」がわかります。提携している査定会社はよく見かける大手会社から輸入車の買い取りに詳しい専門業者まで全国の優良企業が参加しているので国産車から輸入車まであらゆる車種の買い取りに対応!!丁寧なサポートと満足の行くサービスに定評があって、一括査定サービスを初めてという人も安心して利用する事が出来ます。

車査定・買取の窓口見積もり

車査定・買取の窓口は1社だけ紹介するサービスです。一括サイトとは違って複数の買取業者から一斉に電話が掛かってくる事はありません。買取会社を選定して紹介してくれるのでムダな時間が省けるので紹介された1社とだけじっくり交渉ができます!また車に詳しくない女性にも人気の高いサービスです。査定の申込みもかんたん45秒で完了!

人気記事

ユーカーパック 1

「もっと早く知っていれば、愛車を高額に売却できたのに。」 「下取に出すよりも高額に売却できる方法があったなんて。」 「事故車、故障車、不動車だからそのまま処分してしまった。」 サテイ君 そうなる前に愛 ...

かんたん車査定ガイドトップ 2

「もっと早く知っていれば、愛車を高額に売却できたのに。」 「下取に出すよりも高額に売却できる方法があったなんて。」 「事故車、故障車、不動車だからそのまま処分してしまった。」 サテイ君 そうなる前に愛 ...

-車売却で知って得する情報

Copyright© サテイ君の車売却術 , 2019 All Rights Reserved.