役立つ情報

車売却の税金は大丈夫?知らないと損する税金の知識

更新日:

車売却の税金は大丈夫?知らないと損する税金の知識
吹き出し用
サテイ君
車の売却を考えた時に気になるのが、「税金」についてですよね?

そこで今回は、「車売却を考えた時の税金は?」について解説していきます。

「車を売却しようと思うけど税金ってどうなるのだろうか?」
「車を売った時に自動車税って返還されるの?」
「車を売却して払わなければいけない税金ってあるのかな?」
「車を売った時の税金で注意することは?」

など、車を売却したときの税金について気になる方も多いと思います。
そこで今回は、「車売却を考えた時の税金はどうなる?」を解説しましょう。

車を売ろうと思っている方は参考にしてみてください。

車売却における税金や費用とは

車売却に関係する「税金」や「諸費用」はたくさんの種類があります。
それぞれが重要なものであり、売却時には欠かすことのできない要素ともいえるでしょう。

この要素をしっかりと押さえることで、どの税金(諸費用)がいつ・どれだけ戻って来るのかを把握しましょう
車を賢く売る近道になるかも知れませんよ。

車に関わる税金や費用って何があるの?

さっそくですが、車売却時に関係のある「税金や諸費用の種類と概要」を説明します。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

自動車税

この「自動車税」は誰しもがもっとも馴染みのある税金ではないでしょうか。

「自動車税」は、ナンバーが登録されている自動車を所有している人全員に納税義務のある税金で、一年に一回、4月~翌年3月分を納めます。

乗用車であれば基本的に排気量によって税額が変化しますので、自分の車の税額を覚えている方もいるかもしれませんね。
また一年に一回納税の義務があるので4月ごろは「また税金を払う嫌な時期が来た」なんて思っているのではないでしょうか。

「自動車税」は、車の売却時だけではなく自動車を語る上で非常に重要な税金ですので、もし知らなかった場合はぜひ覚えておきましょう。

重量税

「重量税」は、自動車税同様に自動車を語る上で欠かせない税金のひとつです。正式名称を「自動車重量税」といい、主に道路や道路設備の保全などに使われています。

この税金はいつどのタイミングで支払っているか知っていますか?
正解は「新車登録時と車検時」です。

新車の購入時は「諸費用」としてまとめられている場合が多く、気付かないかもしれません。
しかし車検時には税額の高さが気になる方も多いのではないでしょうか?。

また車検の度にかかる税金であるので「2年ごとに納める税金」という認識をしている方もいるかもしれません。
正しくは「車検ごと」なので覚えておきましょう。

 

自賠責保険

「自賠責保険」は車を所有している方は必ず入らなければならない「強制保険」です。
正式名称を「自動車損害賠償責任保険(共済など、一部名称が異なります)」といいます。

「自賠責保険」は、自動車学校などで習っている場合が多いと思いますので、自動車税と同程度の認知度はあるかと思います。

自賠責保険の加入は強制ですが、加入期間についての制限はありません。
そのため3ヶ月だけの加入といったことも可能です。

しかし自賠責保険は通常車検ごとに加入することが多いため、重量税と同様に「車検ごと(24ヶ月)」の契約をしている」と思っても大きく違いはないでしょう。

しかし気付かない内に、変則的な期間で加入している可能性がないとは言い切れません。
一度、車検証入れの中に保管してある自賠責保険の証書を確認しておくことをオススメします。

 

リサイクル料金

「リサイクル料金」とは何のことか知っていますか?
普段聞き慣れないかもしれませんが、実は自動車にとって非常に重要な諸費用です。
「最後に持っている人が負担する、最終処分費用」という認識程度で大丈夫でしょう。

この料金についてはのちほど説明します。
場合によっては、還付がありますのでよく覚えておきましょう。

 

任意保険

「任意保険」とは民間の保険会社が提供している保険商品のことで、自賠責保険と比較すると充実した内容になっています。

今までご紹介してきた税金や諸費用とは性質が異なり、直接登録時や車検時などには関係ありませんが、車売却にまつわる諸費用として覚えておきましょう。

 

 

以上が車の売却に関係してくる税金や諸費用となります。
知らないものもあったかもしれませんが、これらはすべて大切なものなので、ある程度しっかりと覚えておきましょう。

それでは次に税金や諸費用が戻ってくるのか、またその金額について解説していきます。

車を下取りに出すと自動車税は返ってくるのか?

車を売却する前に知っておきたいポイントは「結局自動車税って返ってくるの?」ということだと思います。
そこでこの件に関して詳しく解説していきましょう。

基本的には返還されないと思っておく

まず下取り(買取)査定で値段がついた場合は、基本的に還付されないと思っておいてください。
なぜなら下取りをする中古車販売店やディーラーが、自動車税も含めて査定額を出している事がほとんどになるためです。

ただ車の買い替えを検討した時期が5月や6月だと、10ヶ月~11ヶ月分の自動車税を前払いした上に返還されない事となります。

もし納得が出来ない場合は、「査定金額に前払いしている自動車税が含まれているか?」をディーラーや買取業者に確認するとスッキリします。

自動車税が返還(還付)される条件は自分で廃車の手続きをした時のみ

ではどういった場合に「自動車税」が返還されるのか?という点ですが、基本的には下取りや買取時に査定額が0円で自分で廃車にする場合です。

自動車税の還付は、自分の車を抹消登録した翌月以降の税金が還付される事となります。

抹消登録の手続きは運輸支局か自動車検査登録事務所でする必要があるので、この手続きを自分で行って自分で廃車にした場合は問題なく自動車税が還付されます。(※この場合は、自賠責保険料、重量税も返還されます

注意!!

ちなみに軽自動車の場合は、基本的に自動車税が年額で7200円と安いため、返還される制度はありません。
もし愛車が軽自動車の場合は廃車しても自動車税は戻ってこないので注意してください。

廃車にしても自動車税が還付されないケースもある?

ただ廃車にしても下取り査定をお願いしたディーラーや買取業者が「この車は査定しましたが価格がつきません(0円)でした。」と言われた時に、「無料で引き取りします」と言われることがあります。

この場合は、通常なら「廃車になるので自動車税は返還されるの?」と考えると思います。
しかし廃車するのにも手続き費用がかかり、その費用と自動車税の還付を相殺されている場合があるので注意が必要です。

自身で廃車の手続きをするのは、はじめての場合大変に思うかもしれません。
しかしそれほど難しい事ではありません。

もし下取り時に値段がつかなかった場合は、ディーラーや買取業者に相談して「自分で手続きする方が手元に入るお金が大きい」
と思えばしっかりとその旨を伝えましょう。

それぞれのケースに当てはめると?

さきほど基本的には返還されないと言いましたが、返還されるケースもあるのでそれぞれの税金・初期費用が返金の対象になっているかを確認しましょう。

税金別の受け取る事ができるケースと金額

自動車税

自動車税は廃車後の車売却時に税金が戻ってきます
つまり「廃車をせずに途中で売却する場合には返還されない」ので注意が必要です。

一年に一回納税の義務がある自動車税なので、一年分をまとめて納税していると思います。
そのため廃車後の車売却時には月割で還付してもらうことが可能です。

重量税

重量税は自動車税と同様に廃車後の車売却で税金が戻ってきます
車検ごとに納めている重量税についても、自動車税同様に月割で税金の還付を受けることが出来ます。

自賠責保険

自賠責保険に関しても考え方は重量税と同様です。
廃車後の車売却時に月割での返金を受けることが可能です。

ただし自賠責保険の場合は「廃車日」ではなく「保険会社への手続き日」となります。
そのため月末に手続きをする場合は、月をまたがないように気をつけましょう。

リサイクル料金

リサイクル料金は廃車した場合ではなく「途中で車売却をした」場合に限り還付を受け取ることが出来ます
さきほどまでにご紹介した税金とは異なりますので注意しましょう。

また考え方としては「次の車の所有者(購入者)からもらうリサイクル料金を、売却先からもらう」と考えるとわかりかりやすいかもしれません。

リサイクル料金は、車両ごとに金額が異なりますのでリサイクル料金についてはご自身でお調べください。
もしいくら戻るのか気になるのであれば自動車リサイクルシステムのホームページで調べることが可能です。
自分の車両情報を入力して調べてみてください。

平均でおおよそ10,000円~15,000円程度になると思います。

任意保険

任意保険は民間保険会社によりますので「保険会社による」としか言えません。
しかし残月数の月わりとなる場合が多いです。

険会社ごとに返金の条件は異なりますので、事前に確認をしておきましょう。

「廃車時のみ」の場合や「途中で売却するときのみ」など条件は異なります。
車の売却時は「税金は廃車してあるものが返って来る」「その他は廃車しなくても返って来る」と覚えておくとわかりやすいかもしれません。

また売却先の業者によっては「含み査定額」として返金されるはずだったお金を、査定額の中に含んでいる場合もあります。
この場合は気が付かないうちに損をしている場合があるかもしれません。

車の売却時には「税金や諸費用で返金されるものはありますか?」と質問することを忘れないようにしましょう。

車を売却後、自動車税の請求が来る?売却時期と還付まとめ!

自動車税は1年に1回、4月1日時点で車を所有している人に対して請求書が送られます
そして所有者は1年分の自動車税をまとめて支払う事となります。

車を売却する時期によって、その後の自動車税がどうなるのか?
というのは気になる所かもしれません。

そこでこんな疑問の声を多く聞きましたので解説を交えて紹介しましょう。

車を売却した後に請求書が来るのは何故?

車を売却した後に、翌年の1年分の請求書が送られてくるケースがあります。
この時、『何故売ったはずの車の自動車税が来るの?』と疑問に思うかもしれません。

このケースの場合は車を売却した後、所有者の変更手続きに時間がかかってしまい3月から4月の月をまたいでしまうことです。

基本的に自動車税は4月1日時点の車の全所有者に送られる事になっていますが、2月から3月にかけて車を売却すると手続きに時間がかかってしまい、4月1日時点で所有者が変更されていない事もあります。

この場合に、前所有者に自動車税の請求書が届く事となりますが、売った車の自動車税は基本的に払う必要はありません

しかしそのままにしておくと、遅延金なども発生してしまい、後で大変なことになる恐れもあります。
そのためすぐに売却した業者に問い合わせて対応の指示を仰ぐようにしてください。

間違ってもそのままにしたり、何も考えずに支払わないようにしてください。

車の売却の際は必ず内訳と自動車税の還付の確認を!

先ほど説明した様に、車を売却した後に請求書が来るケースでも、不親切な業者の場合はそういった事を告げずに売買が成立してしまう事もあります。

買取に出す時も下取りに出す時も、自動車税の還付の事は必ず確認するようにしてください。
そうしないと『この車の所有者は、あまり車に詳しくないから自動車税の事は言わなくてもいいか・・・』と思われてしまうかもしれません。

車の売却時に少しでもお得に売りたいと考えるなら、ぜひこの事は覚えておいてください。

車売却時の税金で注意すべきポイント!!

クルマを売却する際に、色々と面倒なのが税金です。
次に自動車税が未納の場合の売却や、納税済みの還付について解説しましょう。

ディーラーに下取りしてもらう人も、買取店に買い取ってもらう人にも同じように当てはまるので、ぜひ確認してください。

注意点 1 自動車税が未納だと売却できない

その年の4月1日時点で運輸支局に登録されているクルマの所有者に課されるのが自動車税です。
4月下旬ごろから5月上旬に自動車税納税書が送られてくるので、5月末までに納めなくてはなりません。

クルマを売却する、つまりクルマの名義を変更するにはこの自動車税納税証明書が必要になるので、滞納しているとクルマは売れません

自動車税をまだ納付していない場合はまずは滞納分を納付し、それから査定や売却の手続きを進めるようにしましょう。
万が一、納付を忘れていたまま売却した場合は買取価格から相当額が清算されてしまいます。

注意点 2 自動車納税証明書は必須

クルマの売買によって自動車税が未納にならないよう、名義変更の際には自動車税納税証明書を提出するように義務付けられています。

自動車税納税証明書は自動車税納税書とともに送られてきて、自動車税を支払った際に受領証を押してもらうことで有効です。

クルマを売却するには、この自動車税納税証明書が必要となりますがうっかり失くしてしまったという方もいるでしょう。
しかしこの自動車税納税証明書は再発行してもらえるので安心してください。

再発行は、自動車税を納めた都道府県の税事務所(軽自動車の場合は市区役所)で受けられます。
税事務所や役所に必要書類が用意されているので、それに記入して提出をすれば大丈夫です。

その他に、郵便などでの再発行申請も可能。
事務所のホームページなどにある申請書に必要事項を記入するか、車検証のコピーの余白に「自動車税証明書を再交付してください」と書いて、返信用封筒を同封して税事務所に送るという流れが一般的です。

注意点 3 自動車税の還付は買取価格に含まれる

自動車税には還付制度があると聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

還付制度とは、廃車にする際に残存期間に応じて支払い済みの自動車税が払い戻される制度です。
先ほども解説しましたが、この対象になるのは「廃車」にする場合のみで、クルマをディーラーや買取店に売却する際には当てはまりません。そうすると自動車税を払った分なのに損だと思われる方もいるでしょう。

しかし安心してください。
買取店の多くは、買取価格を算出する際に還付金のことも考慮してくれています。

法的には返金されませんが、車両の価値に上乗せされる形で、買取価格として手にすることが可能です。
クルマの購入時に支払うリサイクル料金も同様に、買取価格として返ってきます。

また車を売却する前に注意点を確認しておけばトラブルを回避できるかもしれません。
詳しくは、【必見】車売却をする前に知っておきたい注意点!知らないと・・・を確認ください。

まとめ:面倒な税金手続きは買取業者にお任せ

吹き出し用
サテイ君
これだけ面倒なことは任せちゃおう!

税金に関する手続きは面倒なことが多いです。
そのため代わりにその手続きを行ってくれる買取業者に依頼してしまうのが簡単でいいでしょう。

車を売る方の為に作られた【ユーカーパック】

『簡単・安心・高額買取』で、車を売るお客様の為に作られたサービス【ユーカーパック】。一括査定サービスではありません!一括査定よりも高く売れるまったく新しい車買取サービスです!「ユーカーパック」の査定サービスは入力後の電話もユーカーパックからのみで、営業電話が一切ありません。さらに一度査定申込みをするだけで、最大2000社の業者から、オークションの入札形式で買い取り価格を提示してもらえます。その中で「最も高い買取価格を決めれる」と言う画期的なサービス!!

 ユーカーパックの強み!

  1. 電話は1本のみで強引な営業は一切なし
  2. 1分程の入力が終わると、ネット上ですぐに概算買取価格がわかる
  3. 申込みと同時に売却車種の買取相場がわかる
  4. 最大2000社の買取店が入札形式で価格を提示
  5. オークション形式で、取引はネットで入札買取額をチェックするだけ

ユーカーパックの実績!!

  • 1度の査定で最大2000社から同時見積もり!!
  • 買取会社は他社の入札金額も確認できるので、自然と競争力が高まります。

ユーカーパックの口コミ

吹き出し男性
男性 口コミ
「ガソリンスタンドや自宅まで出張してもらえる」
「1度査定をしてもらうだけで、たくさんの買取業者に見積もりを行ってもらえる」
これはいい!
とても便利なシステムに惹かれ、すぐに査定を行ってもらうことにしました。
しかもユーカービッドという入札方式で、一番高く買取りを行ってくれる業者がすぐにわかるのもよかったですねー。
スムーズに買取を行うことができるということで、忙しい自分はとても助かりました。
吹き出し男性
男性 口コミ
とても感じのよいスタッフさんが自宅まで来て査定を行ってくれて査定。
作業も本当にスピーディーで1時間もかかってないですね。
一斉見積もりにありがちな、いろいろな業者から見積もりの連絡が来るようなことも一切なし。
入札が終わるまではユーカーパックとだけやり取りすればよかったので、面倒な営業もなくて楽ちんでした。
ただ思ったように買取価格は高くならなかったのですが、その価格が1番高値だと分かっているので踏ん切りもつきやすかったです。
といっても考えていた相場よりは、10万くらい高かったです。
女性吹き出し
女性 口コミ
私は、たくさんの見積もりを自分で比較するのすら面倒になって、ユーカービッドという入札方式のサービスを利用することに。
これいいですねー。
本当に一番高値をつけてくれたところがすぐわかって、しかも買取価格も希望価格以上!
という、とても素晴らしい結果になり思わずガッツポーズしてしまいました。
それからの業者との契約はとてもスピーディー。
とんとん拍子に話が進み、念願の新車を手に入れるための大切な資金にすることができました。
次に新車を購入するときも、絶対に利用したいと思います。
吹き出し男性
男性 口コミ
査定自体は1時間半と、予定より時間がかかってはいましたが(普通は40分くらいなんだとか)、とても丁寧にやってもらえて接客も感じがよくて好感が持てました。
とはいえ引っ越し業者の一括見積のように、いきなりいろいろな業者から連絡がきたらどうしよう?
という不安も少しはありましたが、本当にユーカーパックとだけのやり取りだけ。
笑えるくらい穏やかな日々(笑
結果的に一番高値の見積もり額を出してくれた業者に、買取ってもらうことができて大満足でした。
もちろんディーラーの見積もり額よりかなり高額になり、おかげでずっと乗りたかった憧れの車を手に入れることができました。
普通にディーラーに売っちゃう人は、このサービスはオススメです。
女性吹き出し
女性 口コミ
電話1本で車査定が出来ましたので凄く便利なサービスでした。
しかも査定時間をあまり待たなくていいのでよかったです。

サテイ君のオススメ車買取業者

買取専門の業者はどこでも一緒というわけではありません。
なぜなら、「同じ車でも買取業者によって買取額に10万円以上の差が出ることもあるからです。

また車の知識が少ない方を狙って、相場よりもかなり安い査定額を提示して強引に買い取る悪徳業者もいるので注意しましょう!!

吹き出し用
サテイ君
当サイトでは車の買取業者の中から「強みや実績」「利用者の口コミ評判」を比較して、とくに評判の高い3社を厳選ししました。
愛車の売却を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!!

車を売る方の為に作られた【ユーカーパック】

『簡単・安心・高額買取』で、車を売るお客様の為に作られたサービス【ユーカーパック】。一括査定サービスではありません!一括査定よりも高く売れるまったく新しい車買取サービスです!「ユーカーパック」の査定サービスは入力後の電話もユーカーパックからのみで、営業電話が一切ありません。さらに一度査定申込みをするだけで、最大2000社の業者から、オークションの入札形式で買い取り価格を提示してもらえます。その中で「最も高い買取価格を決めれる」と言う画期的なサービス!!

愛車の買取価格をチェック「かんたん車査定ガイド」

50社以上の提携査定会社の中から最大10社に一括して見積依頼ができるのが特徴。簡単な車情報を入力するだけの簡単査定が人気で、「約45秒の入力で買取価格の相場」がわかります。提携している査定会社はよく見かける大手会社から、輸入車の買い取りに詳しい専門業者まで全国の優良企業が参加しているので、国産車から輸入車まであらゆる車種の買い取りに対応!!丁寧なサポートと満足の行くサービスに定評があって、一括査定サービスを初めてという人も安心して利用する事が出来ます。

Goo-netのGoo買取

住んでいる地域と車種を選択するだけで、売りたい車の買取に強い買取店を簡単に探すことが可能!!またそれぞれの買取店の口コミ(レビュー)が出ているため、個別の評判を知ることができます。大手買取店では値段が付きにくい「珍しい車種」「特殊車両(キャンピングカーなど)」は特に高く売れる可能性も。他にも売りたい車の向こう半年後までの相場推移を確認可能。すぐに車を売りたい場合でなくても、先の相場推移がわかるので乗り換え時の予算組みがしやすいなどのメリットがあります。

あなたにオススメの記事

ユーカーパック 1

「もっと早く知っていれば、愛車を高額に売却できたのに。」 「下取に出すよりも高額に売却できる方法があったなんて。」 「事故車、故障車、不動車だからそのまま処分してしまった。」 サテイ君 そうなる前に愛 ...

-役立つ情報

Copyright© サテイ君の車売却術 , 2018 All Rights Reserved.